WARRANTY
WARRANTY

コネクトホーム標準仕様
NEO BASIC IV

長期優良住宅仕様として、建築士、設計士、大工が協議を重ね、いくつもの仕様の中から
選び抜かれた工法を標準仕様として採用。

NEO BASIC IV工法の4つの特徴

安心構造

ベタ基礎工法

家全体の面積で荷重を分散させます。点ではなく面で建物を支えます。

NEO-BASIC工法

日本古来の欠点を最先端接合技術でカバー。木材の本来の強さを残し、骨組み全体の安定強化を実現します。

UFO-E

100個前後の「W摩擦板」が建物荷重を微振動させ、地震エネルギーを摩擦エネルギーに変換。土台の下から建物を守る。
その効果は、熊本地震にも発揮しました。

快適空間

ポリウレタンフォーム+遮熱シート

高気密・高断熱住宅の 「要」は 気密性と、断熱性。どちらが欠けていても真の性能は発揮されません。高い気密性と断熱性の両方を兼ね備えてこそ、真の高断熱住宅

ルフロ®400

人は寝ていても呼吸をする。室内空気と外部空気の交換・循環を重要視。24時間換気で 室内空気環境が劇的に向上。

ローコスト維持

Eco Boron Pro

健康被害がある農薬系防蟻材を未だに使用されている。コネクトホームでは、人間が摂取しても安心なホウ酸系防蟻材を採用。

ZEH基準クリア

※1年間の消費エネルギーが0(ゼロ)または0(ゼロ)以下の住宅
充実保障
  • NEO-BASIC Ⅳ工法の構造躯体は、国土交通大臣指定の(公財)日本住宅・木材技術センターの住宅型式性能認定」を取得。
  • コネクトホームは富山県唯一構造躯体の20年間保証を実現。