WARRANTY
WARRANTY
長期優良住宅仕様
NEO BASIC IV

長期優良住宅は、住宅ローンの金利引き下げや、税金の軽減
(住宅借入金等特別控除)など、様々なメリットがあります。

NEO BASIC IV工法の4つの特徴

構造材・耐久性
  • 住宅型式性能確定書において、耐震性能を認証取得。
  • 構造計算により耐震等級2標準対応。(プランは限定されますが、等級3にも対応)
  • 無垢材よりも約1.5倍の強さを持つ「構造用集成材」を使用し、鉄やコンクリートにも負けない強度。
  • 断面欠損の大きい箇所にはテナントビーム金物を使用し接合強度を増強。
    (※屋根材や小屋組等、一部無垢材を使用する事もあります)
劣化対策
  • 世界最新の木材保存技術を採用。
  • 住宅型式性能確定書において、劣化対策認定取得 等級3(最高等級)。
  • 使用する薬剤は食塩よりも安全で健康や環境への影響も安心。
  • 1階の外部周りに標準採用する事により住宅の長寿命化を実現。
省エネと維持管理
  • 住宅型式性能確定書において、省エネルギー対策認定取得 等級4(最高等級)を取得。
  • 高断熱、高気密を図ることにより冷暖房用の熱ロスを低減し、お財布にも環境にも優しい。
安心の保証制度
  • NEO-BASIC Ⅳ工法の構造躯体は、国土交通大臣指定の(公財)日本住宅・木材技術センターの住宅型式性能認定」を取得。
  • 認定を受けたことで、損保会社と連携して構造躯体の20年間保証が可能。
  • 「原田木材シロアリ保証」を採用することで、腐朽(腐れ)やシロアリに関しての10年保証が可能。